~茶之湯を未来へ~  お稽古物から書附物まで
【Tea ポイント】について
ホーム: お知らせ :
: お知らせ :
: お知らせ ::62
2011年07月14日
(ブログ 7月4日付 より)
http://blogs.yahoo.co.jp/seiyudou/35045839.html

*

写真:【石橋静友堂 ねっと店】 数茶碗 神戸薩摩 秋の七草  *富永*冨永玄山* 7碗揃  [cwn80033]
http://seiyudo.ocnk.net/product/5433

*

掛物・茶杓の ご希望の語句・銘を、ご希望の和尚様に書いて頂けます。
                           ↓
                    http://seiyudo.ocnk.net/news#61

7月14日 記

*


・赤絵鉢子 (あかえはちのこ)
……… 中興名物。古赤絵 雲屋台鉢子(雲堂手・鉄鉢形)茶碗。明代景徳鎮の産。酒井忠勝より冬木家・鴻池家 等へ伝来。箱書は、大徳寺116世 万仭和尚。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E9%9B%B2%E5%A0%82


・明石 (あかし)
……… 現 兵庫県明石市。歌枕。源氏物語の巻名。白砂青松の浦で知られた。 ・香銘。木所は真南蛮。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E7%9C%9F%E5%8D%97%E8%9B%AE

http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E6%98%8E%E7%9F%B3


・県井戸 (あがたいど)
……… 高麗茶碗。名物手井戸。「新葉集」の 「山吹の花もてはやす人もなし あがたの井戸は都ならねば」 より命銘された。水戸徳川家 伝来。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E4%BA%95%E6%88%B8


・暁 (あかつき)
……… よあけ。夜を3つに分けたうち、宵・夜中に続く。現在では やや明るくなってからを指すが、古くは、まだ暗く これから明けようとする頃を指した。「明時 アカトキ」の転。 ・ある事項が実現した その時。


・あか月 (あかつき)
……… 覚々斎 作の共筒茶杓。白竹 厚手で、初期の作とされる。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E8%8C%B6%E6%9D%93%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88

・赤蜻蛉 (あかとんぼ) 【秋】
……… 【夏】は高地に、秋になり気温が下がると 平地に飛んで来る。アキアカネが代表的。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E8%9C%BB%E8%9B%89


・茜雲 (あかねぐも)
……… 朝日や夕日を受け、茜色に映える雲。


・茜屋柿 (あかねやがき)
……… 大名物。漢作唐物茶入。堺の町人 茜屋宗佐が所持し、柿の形をしている所から。表千家に伝わり、のち藤田家に譲られた。


・茜屋茄子 (あかねやなす)
……… 大名物。唐物茄子茶入。堺の 茜屋吉松が所持していたことから。徳川家康より 子の尾張侯 徳川義直へ与えられ、代々 同家に伝わった。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E5%86%99%E3%80%80%E8%8C%84%E5%AD%90


・茜屋舟 (あかねやぶね)
……… 砂張舟花入。茜屋は 所持者の名前によると思われる。「天下五舟」の一。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E8%8C%9C%E5%B1%8B%E8%88%9F


・赤富士 (あかふじ) 【夏】
……… 陽を浴び 暗赤色に染まる富士山。【晩夏】から【初秋】の早朝に見えることが多い。夏七月の季語。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1


・秋あさし (あきあさし) 【秋】
……… 初秋の頃のこと。新秋、早秋とも。


・秋麗 (あきうらら・しゅうれい) 【秋】
……… 秋晴れのあたたく うららかなこと。


・秋扇 (あきおうぎ・しゅうせん) 【秋】
……… 立秋を過ぎ涼しくなると、夏に使った扇子や団扇が忘れられ そのままにされる、その状態。「捨扇」「忘れ扇」とも。 ・置筒花入の銘。秋扇の「捨て 置かれる」という意より、藤村庸軒の命銘、好み。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E5%9B%A3%E6%89%87


・秋風 (あきかぜ) 【秋】
……… 初秋から晩秋の 秋に吹く風 全般を指す。侘び枯れた風情。 ・高麗 堅手茶碗の銘。「秋かぜ」と書かれている。岩崎家に伝来。 ・雲州名物、高麗 玉子手茶碗の銘。玉子手より 月に因んでの命銘らしく、松平不昧の箱書がある。


・秋草 (あきくさ) 【秋】
……… 秋に花が咲く草木の総称。 ・名物茶碗。魚屋茶碗 「市原」の別称。京都市原の野辺の風情に因んだ銘といわれる。益田克徳の所持の後、兄 鈍翁に移った。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E7%A7%8B%E3%80%80%E8%8D%89


・秋さぶ (あきさぶ) 【秋】
……… 秋めく さま。狭義には、【晩秋】のわびしさが さらに深まること。


・秋時雨 (あきしぐれ) 【秋】
……… 【晩秋】に降る時雨。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E6%99%82%E9%9B%A8


・秋蝉 (あきぜみ)
……… アブラゼミの別称。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E8%9D%89&Submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2


・秋高し (あきたかし) 【秋】
……… 天高く、澄みきった青い空。


・秋立つ (あきたつ) 【秋】
……… 立秋の頃 (8月7日・8日頃)のこと。暑さのうちに、秋の気配を感じる頃。


・秋津島・秋津州・蜻蛉州 (あきづしま)
……… 「大和」にかかる枕詞。狭義には 「大和国」を、広義には「日本」を指す。神武天皇の伝説に因る。秋津国。「秋津」はトンボの古名。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%80%80%E8%8C%B6%E7%A2%97


・秋露 (あきつゆ・しゅうろ) 【秋】
……… 秋におく露。また、「菊の花」のことを指す。 ・覚々斎の共筒茶杓 の銘。極めて厚手で節が高い。草筒に「秋露 あきのつゆ をくしら玉のしるしには 千とせをむすふ 庭のまつかへ」の歌銘がある。


・秋野・秋埜 (あきの・あきのの) 【秋】
……… 秋の野。 ・雲州名物、高麗 青井戸茶碗の銘。もと大坂の加賀宇之助の所持、不昧ののち 廃藩に際し、島根県 田部家に。不昧は蔵帳の上の部にあげている。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E4%B8%8D%E6%98%A7


・秋の田 (あきのた) 【秋】
……… 稲が色づいた田。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E7%A8%B2%E3%80%80%E8%8C%B6%E7%A2%97


・秋の空・秋空 (あきのそら) 【秋】
……… 不昧の共筒茶杓の銘。白竹で、胡麻竹の草筒。 ・天高く、澄みきった空。秋天。また、心の移ろいやすい ことの喩え。
http://seiyudo.ocnk.net/product-group/18


・秋隣・秋の隣り (あきとなり・あきのとなり) 【夏】
……… 挽夏、秋の気配がする夏の頃。
http://seiyudo.ocnk.net/product-group/11

*

掛物・茶杓の ご希望の語句・銘を、ご希望の和尚様に書いて頂けます。
                           ↓
                    http://seiyudo.ocnk.net/news#61


※茶の湯・茶道ランキング
http://taste.blogmura.com/chanoyu/

2011年07月04日
(ブログ 7月4日付 より)
http://blogs.yahoo.co.jp/seiyudou/34992715.html

*

1592(文禄1) 秀吉 肥前名護屋城に 黄金茶室 を運び茶会を催す。

1593(文禄2) 家康 名護屋城で 茶会を催す。今井宗久、没。(74歳)

1595(文禄4) 蒲生氏郷、没。(40歳)

1598(慶長3) 秀吉 醍醐で 花見の茶会を催す。秀吉、没。(63歳)

1599(慶長4) 古田織部・小堀遠州・金森可重 、京・堺衆らが吉野 で花見茶会 を催し、ニナイ茶屋 に「利休妄魂」 の額を掲げる。

1601(慶長6) 織部 伏見屋敷で、「利休の文」を用いた茶会を催す。

1607(慶長12) 千道安、没。(62歳)

1610(慶長15) 織部 将軍の茶湯指南役 となり、2代将軍 秀忠 に点茶の式 を伝授する。

1611(慶長16) 家康 駿府の数寄屋に 織田有楽 らを招き、茶会を催す。

1613(慶長18) 秀忠 有楽・可重・細川三斎 らを招き、茶会を催す。

1615(慶長20) 織部 茶堂 木村宗喜の 家康暗殺未遂の咎 を受け、自刃させられる。(72歳)

1620(元和6) 御茶事始 が江戸城で催され、以後 毎年 正月の恒例となる。

1621(元和7) 織田有楽、没。(75歳)

1630(寛永7) 稲葉正勝 (春日局の子)が 江戸城二の丸に、茶室を造営。

1632(寛永9) 徳川秀忠、没。(54歳)

1633(寛永10) 江岑宗左 唐津城主 寺沢広高 に出仕。

1636(寛永13) 遠州 3代将軍 家光に、茶を献ずる。

1642(寛永19) 江岑宗左 紀州徳川家 に出仕。

1645(正保2) 細川三斎、没。(83歳)

1647(正保4) 小堀遠州、没。(69歳)

1648(慶安1) 「今日庵」 が、千宗旦 により完成。

1651(慶安4) 徳川家光、没。(48歳)

1652(慶安5) 仙叟宗室 前田利常 に出仕。

1656(明暦2) 金森宗和、没。(73歳)

1658(万治1) 千宗旦、没。(81歳)

1659(万治2) 4代将軍 家綱 「御数寄屋定書」を発布。

1665(寛文5) 片桐石州 船越永景(宗舟・船越伊予) と共に、御道具奉行に任ぜられ、将軍家茶道師範 となる。石州、「三百ヶ条」 を献上する。

1666(寛文6) 一翁宗守 讃岐松平家 に出仕。

1668(寛文8) 「官休庵」 が、一翁宗守 により完成。

1673(延宝1) 片桐石州、没。(69歳)

1690(元禄3) 仙叟宗室 利休100回忌にあたり、利休堂を建立。

1723(享保8) 覚々斎宗左 8代将軍 吉宗より、唐津 桑原茶碗 を下賜される。

1730(享保15) 覚々斎宗左、没。(53歳)



写真:【石橋静友堂 ねっと店】 香合 宗旦狐  *檜垣青子*  ひがきせいし*夜咄にも[kog10141]
http://seiyudo.ocnk.net/product/5326

※茶の湯・茶道ランキング
http://taste.blogmura.com/chanoyu/

2011年06月01日
(ブログ 6月1日付 より)
http://blogs.yahoo.co.jp/seiyudou/34803720.html


1214(建保2) 栄西和尚 が 源実朝 に茶を勧め 「喫茶養生記」 を献上する。

1267(文永4) 南浦和尚 が 中国より台子・茶具を持ち帰り、のち 夢想国師 に伝わる。

1336(建武3) 足利尊氏 が「建武式目」 を制定し、茶寄合を禁ずる。

1366(貞治5) 佐々木道誉 が京都の大原野で、百服の 本非茶勝負 を催す。

1417(応永24) 伏見宮貞成 親王 が 雲脚茶会 を催す。

1469(文明1) 古市胤栄 が 淋汗茶湯 を催す。

1471(文明3) 能阿弥 、没 (75歳)。

1483(文明15) 足利義政 の 東山山荘 常御所 が完成する。

1485(文明17) 村田珠光 が 茶礼の法式 を制定する。義政 東求堂 「同仁斎」 を造営する。

1490(延徳2) 足利義政 、没 (55歳)。

1502(文亀2) 村田珠光 、没 (80歳)。

1528(文亀2) 武野新五郎(紹鴎) が堺から上洛。

1540(天文9) 田中宗易 が 北向道陳 を介して 紹鴎に入門。

1544(天文13) 宗易 が 松屋久政 らを招き 茶会を催す。

1555(天文24) 武野紹鴎 、没 (54歳)。

1568(永禄11) 織田信長 上洛し、松永久秀 今井宗久 ら、信長に名物を進上。

1571(元亀2) 信長 東福寺に 京中の上下の衆を集め、茶会を催す。

1577(天正5) 松永久秀 が 信長に攻められ、信貴山城で 「平蜘蛛釜」 を砕いて自刃。

1578(天正6) 明智光秀 が 信長拝領の八角釜 で茶会を催す。羽柴秀吉 が 信長に茶事を許され、三木城で茶会を催す。

1582(天正10) 本能寺で 信長 自刃。秀吉 が 山崎で茶会を催す。

1583(天正11) 家康 「初花肩衝」 を秀吉に贈る。古田左介(織部) 大坂城の茶会に参席。

1584(天正12) 大坂城 「山里丸」の座敷開き の茶会が催される。

1585(天正13) 秀吉 大徳寺総見院 で大茶会を催す。また 禁中小御所 で 正親町天皇 らに茶を献じ、後見役の 宗易が 利休居士 号を賜る。

1586(天正14) 秀吉 禁中に 黄金茶室 を設え、茶会を催す。同年 利休が 今焼 黒茶碗 を用いる。

1587(天正15) 秀吉 筑前筥崎 にて茶会、また 北野大茶湯 を催す。

1590(天正18) 秀吉 小田原にて 山上宗二 を斬刑に処す。(47歳)

1591(天正19) 秀吉 利休を 堺に蟄居させた後、聚楽屋敷 に呼び戻し 自刃させる(70歳)。 蒲生氏郷 が 千少庵を 会津若松に預かる。 津田宗及 、没 (74歳)。



写真:【茶道具】 真形釜 累座 雪竹梅地紋 東山御物写  *和田美之助*  炉釜* [kmh10010]
http://seiyudo.ocnk.net/product/3175

※茶の湯・茶道ランキング
http://taste.blogmura.com/chanoyu/

2011年04月30日
「商品状態」 「箱の状態」 に続き、

「瑕疵の状態」 の 一覧表を 作成しました。

http://jidai.ocnk.net/data/jidai/product/joutai/0kasi.gif


(瑕疵や修理痕 の通称には、さまざまな 別称があり、それぞれ 表現の意味する所には 「幅」がございます。

また、時に、茶陶・古伊万里・磁器・鑑賞陶器・塗物 ……等、種類によって、瑕疵の呼称 (意味) あるいは 価値が、大きく異なる場合がございます。

ここでは、弊店での 統一的な 「呼称」と、一般的な 「欠点の度合」 「意味」について、その目安を示させて頂きました。)
2011年04月13日
(ブログ 4月13日付 より)
http://blogs.yahoo.co.jp/seiyudou/34506677.html

*

写真:【石橋静友堂 ねっと店】   茶入 「青柳」写  笹田有祥   [cir90033]
http://seiyudo.ocnk.net/product/2232

当ページの リンク先は、全て 弊店ページです。

*

掛物・茶杓の ご希望の語句・銘を、ご希望の和尚様に書いて頂けます。
                           ↓
                    http://seiyudo.ocnk.net/news#61

4月13日 記

*

・相老 (あいおい)
……… 覚々斎の (白竹・胡麻竹) 二本入共筒茶杓。鶴叟の「相生」の箱書書付がある。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E7%9B%B8%E7%94%9F


・相生の松 (あいおいのまつ)
……… 黒松 (オンマツ) と 赤松 (メンマツ)が1つの根から生え出たもの。兵庫県高砂市の高砂神社のものが有名。夫婦が共に長生きすることの象徴。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E9%AB%98%E7%A0%82


・藍風 ・あいの風 (あいかぜ・あいのかぜ) 【夏】
……… 夏の季節風。穏やかで、船旅や漁業に喜ばれる。


・愛日 (あいじつ)
……… 冬の日光。日や時間を惜しむこと。寸暇を惜しんで 「孝行」 すること。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E6%AF%8D%E3%81%AE%E6%97%A5


・愛知 (あいち)
……… 益田鈍翁の箱書がある 黄瀬戸碁笥底茶碗。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E9%BB%84%E7%80%AC%E6%88%B8


・阿吽 (あうん)
……… 始めと終わり。息が合うこと。


・青嵐 (あおあらし) 【夏】
……… 初夏に新緑を吹き渡る 強めの風
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E9%9D%92%E5%B5%90


・青海原 (あおうなばら) 【夏】


・青馬 (あおうま)
……… 芦毛、白馬のこと。【正月】 の「白馬の節会」のこと。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E9%A6%AC


・青梅 (あおうめ) 【夏】
……… 五月雨・入梅の頃の梅。梅雨の語源。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E9%9D%92%E6%A2%85


・青江 (あおえ)
……… 中興名物 茶入 「瀧浪」の別称。遠州に献上した際、刀剣の産地として知られる備中青江の脇差を賜ったことから。


・青女 (あおおんな)
……… 若い 世に馴れていない女性。


・青柿 (あおがき)
……… 【夏】 の未熟な柿。高麗 柿の蔕茶碗 の銘。遠州の「青柿のしぶしぶながらお茶うけに 甘きはやがて霜のころかな」の箱書がある。


・青木肩衝 (あおきかたつき)
……… 大名物 漢作唐物 肩衝茶入。青木法印の所持による。明暦の大火にあい、漆の繕いがある。主な伝来は、徳川家・後藤庄三郎・姫路酒井家など。


・青苔 (あおごけ・せいたい)
……… 【夏】 の青い苔。八幡名物 遠州作 茶杓の銘。伊勢物語による故事にならって 松花堂昭乗に贈られた。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%89%A9%E8%AA%9E


・青簾 (あおすだれ)
……… 青竹で編んだ 【夏】 の簾。牛車にかける 青糸で編まれた簾。陰暦4月1日の「更衣の儀」に、内裏の南隅にかけた柳の簾。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E7%B0%BE


・青田 (あおた)
……… 【夏】 の青々とした田。青田風・青田波・青田時。


・青大将 (あおだいしょう)
……… 日本最大のヘビ。異称に 「里回り」 がある。


・青丹よし (あおによし) 【春】
……… 「奈良」 と 「国内 (クヌチ)」 にかかる枕詞。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E3%81%8A%E6%B0%B4


・青葉 (あおば) 【夏】
……… 青葉風・青葉山。「青葉若葉」 は、濃淡さまざまな緑葉が交じったさま。


・青瓢 (あおふくべ) 【秋】
……… 未熟な青い瓢箪。棚から下がる風情を楽しみながら、【納涼】 を楽しむ。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E7%93%A2


・青柳 (あおやぎ・あおやなぎ)
……… 【春】 の青々とした柳。・中興名物 瀬戸真中古窯 柳藤四郎手 茶入の銘。小堀遠州の命銘で、もと細川三斎の所持。・初代 大樋長左衛門の 茶碗の銘。暗緑色に飴釉がかかり、胴部に仙叟好みの渦紋が彫られている。箱書書付は卒啄斎。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E9%9D%92%E6%9F%B3&Submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2


・青山 (あおやま・せいざん)
……… 青々とした山。道入作 黒楽茶碗の銘。加賀ノンコウ七種の一。
http://seiyudo.ocnk.net/product-list?keyword=%E3%81%AE%E3%82%93%E3%81%93%E3%81%86


・青山丸壺 (あおやままるつぼ)
……… 名物 唐物 丸壷茶入。青山播磨守忠成が徳川秀忠より拝領した。のち将軍家・水戸家・田安家など。

*

掛物・茶杓の ご希望の語句・銘を、ご希望の和尚様に書いて頂けます。
                           ↓
                    http://seiyudo.ocnk.net/news#61


※茶の湯・茶道ランキング
http://taste.blogmura.com/chanoyu/
2011年04月04日
(ブログ 4月4日付 より)
http://blogs.yahoo.co.jp/seiyudou/34454583.html

甲子 きのえね (コウシ)= (1564年) (1624年) (1684年) (1744年) (1804年) (1864年) (1924年) (1984年)
乙丑 きのとうし (イッチュウ)= (1565年) (1625年) (1685年) (1745年) (1805年) (1865年) (1925年) (1985年)
丙寅 ひのえとら (ヘイイン)= (1566年) (1626年) (1686年) (1746年) (1806年) (1866年) (1926年) (1986年)
丁卯 ひのとう (テイボウ)= (1567年) (1627年) (1687年) (1747年) (1807年) (1867年) (1927年) (1987年)
戊辰 つちのえたつ (ボシン)= (1568年) (1628年) (1688年) (1748年) (1808年) (1868年) (1928年) (1988年)
己巳 つちのとみ (キシ)= (1569年) (1629年) (1689年) (1749年) (1809年) (1869年) (1929年) (1989年)
庚午 かのえうま (コウゴ)= (1570年) (1630年) (1690年) (1750年) (1810年) (1870年) (1930年) (1990年)
辛未 かのとひつじ (シンビ)= (1571年) (1631年) (1691年) (1751年) (1811年) (1871年) (1931年) (1991年)
壬申 みずのえさる (ジンシン)= (1572年) (1632年) (1692年) (1752年) (1812年) (1872年) (1932年) (1992年)
癸酉 みずのととり (キユウ)= (1573年) (1633年) (1693年) (1753年) (1813年) (1873年) (1933年) (1993年)
甲戌 きのえいぬ (コウジュツ)= (1574年) (1634年) (1694年) (1754年) (1814年) (1874年) (1934年) (1994年)
乙亥 きのとい (イツガイ)= (1575年) (1635年) (1695年) (1755年) (1815年) (1875年) (1935年) (1995年)
丙子 ひのえね (ヘイシ)= (1576年) (1636年) (1696年) (1756年) (1816年) (1876年) (1936年) (1996年)
丁丑 ひのとうし (テイチュウ)= (1577年) (1637年) (1697年) (1757年) (1817年) (1877年) (1937年) (1997年)
戊寅 つちのえとら (ボイン)= (1578年) (1638年) (1698年) (1758年) (1818年) (1878年) (1938年) (1998年)
己卯 つちのとう (キボウ)= (1579年) (1639年) (1699年) (1759年) (1819年) (1879年) (1939年) (1999年)
庚辰 かのえたつ (コウシン)= (1580年) (1640年) (1700年) (1760年) (1820年) (1880年) (1940年) (2000年)
辛巳 かのとみ (シンシ)= (1581年) (1641年) (1701年) (1761年) (1821年) (1881年) (1941年) (2001年)
壬午 みずのえうま (ジンゴ)= (1582年) (1642年) (1702年) (1762年) (1822年) (1882年) (1942年) (2002年)
癸未 みずのとひつじ (キビ)= (1583年) (1643年) (1703年) (1763年) (1823年) (1883年) (1943年) (2003年)
甲申 きのえさる (コウシン)= (1584年) (1644年) (1704年) (1764年) (1824年) (1884年) (1944年) (2004年)
乙酉 きのととり (イツユウ)= (1585年) (1645年) (1705年) (1765年) (1825年) (1885年) (1945年) (2005年)
丙戌 ひのえいぬ (ヘイジュツ)= (1586年) (1646年) (1706年) (1766年) (1826年) (1886年) (1946年) (2006年)
丁亥 ひのとい (テイガイ)= (1587年) (1647年) (1707年) (1767年) (1827年) (1887年) (1947年) (2007年)
戊子 つちのえね (ボシ)= (1588年) (1648年) (1708年) (1768年) (1828年) (1888年) (1948年) (2008年)
己丑 つちのとうし (キチュウ)= (1589年) (1649年) (1709年) (1769年) (1829年) (1889年) (1949年) (2009年)
庚寅 かのえとら (コウイン)= (1590年) (1650年) (1710年) (1770年) (1830年) (1890年) (1950年) (2010年)
辛卯 かのとう (シンボウ)= (1591年) (1651年) (1711年) (1771年) (1831年) (1891年) (1951年) (2011年)
壬辰 みずのえたつ (ジンシン)= (1592年) (1652年) (1712年) (1772年) (1832年) (1892年) (1952年) (2012年)
癸巳 みずのとみ (キシ)= (1593年) (1653年) (1713年) (1773年) (1833年) (1893年) (1953年) (2013年)
甲午 きのえうま (コウゴ)= (1594年) (1654年) (1714年) (1774年) (1834年) (1894年) (1954年) (2014年)
乙未 きのとひつじ (イツビ)= (1595年) (1655年) (1715年) (1775年) (1835年) (1895年) (1955年) (2015年)
丙申 ひのえさる (ヘイシン)= (1596年) (1656年) (1716年) (1776年) (1836年) (1896年) (1956年) (2016年)
丁酉 ひのととり (テイユウ)= (1597年) (1657年) (1717年) (1777年) (1837年) (1897年) (1957年) (2017年)
戊戌 つちのえいぬ (ボジュツ)= (1598年) (1658年) (1718年) (1778年) (1838年) (1898年) (1958年) (2018年)
己亥 つちのとい (キガイ)= (1599年) (1659年) (1719年) (1779年) (1839年) (1899年) (1959年) (2019年)
庚子 かのえね (コウシ)= (1600年) (1660年) (1720年) (1780年) (1840年) (1900年) (1960年) (2020年)
辛丑 かのとうし (シンチュウ)= (1601年) (1661年) (1721年) (1781年) (1841年) (1901年) (1961年) (2021年)
壬寅 みずのえとら (ジンイン)= (1602年) (1662年) (1722年) (1782年) (1842年) (1902年) (1962年) (2022年)
癸卯 みずのとう (キボウ)= (1603年) (1663年) (1723年) (1783年) (1843年) (1903年) (1963年) (2023年)
甲辰 きのえたつ (コウシン)= (1604年) (1664年) (1724年) (1784年) (1844年) (1904年) (1964年) (2024年)
乙巳 きのとみ (イッシ)= (1605年) (1665年) (1725年) (1785年) (1845年) (1905年) (1965年) (2025年)
丙午 ひのえうま (ヘイゴ)= (1606年) (1666年) (1726年) (1786年) (1846年) (1906年) (1966年) (2026年)
丁未 ひのとひつじ (テイビ)= (1607年) (1667年) (1727年) (1787年) (1847年) (1907年) (1967年) (2027年)
戊申 つちのえさる (ボシン)= (1608年) (1668年) (1728年) (1788年) (1848年) (1908年) (1968年) (2028年)
己酉 つちのととり (イツユウ)= (1609年) (1669年) (1729年) (1789年) (1849年) (1909年) (1969年) (2029年)
庚戌 かのえいぬ (コウジュツ)= (1610年) (1670年) (1730年) (1790年) (1850年) (1910年) (1970年) (2030年)
辛亥 かのとい (シンガイ)= (1611年) (1671年) (1731年) (1791年) (1851年) (1911年) (1971年) (2031年)
壬子 みずのえね (ジンシ)= (1612年) (1672年) (1732年) (1792年) (1852年) (1912年) (1972年) (2032年)
癸丑 みずのとうし (キチュウ)= (1613年) (1673年) (1733年) (1793年) (1853年) (1913年) (1973年) (2033年)
甲寅 きのえとら (コウイン)= (1614年) (1674年) (1734年) (1794年) (1854年) (1914年) (1974年) (2034年)
乙卯 きのとう (イツボウ)= (1615年) (1675年) (1735年) (1795年) (1855年) (1915年) (1975年) (2035年)
丙辰 ひのえたつ (ヘイシン)= (1616年) (1676年) (1736年) (1796年) (1856年) (1916年) (1976年) (2036年)
丁巳 ひのとみ (テイシ)= (1617年) (1677年) (1737年) (1797年) (1857年) (1917年) (1977年) (2037年)
戊午 つちのえうま (ボゴ)= (1618年) (1678年) (1738年) (1798年) (1858年) (1918年) (1978年) (2038年)
己未 つちのとひつじ (キビ)= (1619年) (1679年) (1739年) (1799年) (1859年) (1919年) (1979年) (2039年)
庚申 かのえさる (コウシン)= (1620年) (1680年) (1740年) (1800年) (1860年) (1920年) (1980年) (2040年)
辛酉 かのととり (シンユウ)= (1621年) (1681年) (1741年) (1801年) (1861年) (1921年) (1981年) (2041年)
壬戌 みずのえいぬ (ジンジュツ)= (1622年) (1682年) (1742年) (1802年) (1862年) (1922年) (1982年) (2042年)
癸亥 みずのとい (キガイ)= (1623年) (1683年) (1743年) (1803年) (1863年) (1923年) (1983年) (2043年)
2011年03月23日
新品のみ を取り扱う 別サイト 【石橋静友堂 ねっと店】
http://seiyudo.ocnk.net/
に、手を取られ、当【じだい店】では ご迷惑をお掛けいたして おりますが、

本年は、こちらを充実させるべく、

現在、商品登録 作業中です。

※既に 掲載している商品は、「会員登録」 あるいは 「ログイン」して頂くことで、
これまで通り、お求め頂けます。※

順次、掲載して参りますので、

ひきつづき、ご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

2011年03月07日
(ブログ 3月7日付 より)
http://blogs.yahoo.co.jp/seiyudou/34328904.html


今回は、毎年 新春に 宮内庁より発表される「御題」の一覧を、再掲してみました

*

明治2年 (1869年) 春風来海上
明治3年 (1870年) 春来日暖
明治4年 (1871年) 貴賤春迎
明治5年 (1872年) 風光日々新
明治6年 (1873年) 新年祝道
明治7年 (1874年) 迎年言志
明治8年 (1875年) 都鄙迎年
明治9年 (1876年) 新年望山
明治10年 (1877年) 松不改色
明治11年 (1878年) 鴬入新年語
明治12年 (1879年) 年新年祝言
明治13年 (1880年) 庭上鶴馴
明治14年 (1881年) 竹有佳色
明治15年 (1882年) 河水久澄
明治16年 (1883年) 四海清
明治17年 (1884年) 年晴天鶴
明治18年 (1885年) 雪中早梅
明治19年 (1886年) 緑竹年久
明治20年 (1887年) 池水浪静
明治21年 (1888年) 雪埋松
明治22年 (1889年) 水石契久
明治23年 (1890年) 寄国祝
明治24年 (1891年) 社頭祈世
明治25年 (1892年) 日出山
明治26年 (1893年) 巌上亀
明治27年 (1894年) 梅花先春
明治28年 (1895年) (寄海祝)   ※「日清戦争による 広島行幸中」のため、中止。
明治29年 (1896年) 寄山祝
明治30年 (1897年) (松影映水) ※「英照皇太后 崩御」のため、中止。
明治31年 (1898年) (新年雪)  ※「英照皇太后 の喪明け後 開催」の予定が、中止。
明治32年 (1899年) 田家煙
明治33年 (1900年) 松上鶴
明治34年 (1901年) 雪中竹
明治35年 (1902年) 新年梅
明治36年 (1903年) 新年海
明治37年 (1904年) 巌上松
明治38年 (1905年) 新年山
明治39年 (1906年) 新年河    ※2月7日に 開催。
明治40年 (1907年) 新年松
明治41年 (1908年) 社頭松
明治42年 (1909年) 雪中松
明治43年 (1910年) 新年雪
明治44年 (1911年) 寒月照梅花
明治45年 (1912年) 松上鶴
  
大正2年 (1913年) (なし)    ※「明治天皇 の喪中」につき
大正3年 (1914年) 社頭杉
大正4年 (1915年) (なし)    ※「昭憲皇太后 の喪中」につき
大正5年 (1916年) 寄国麗
大正6年 (1917年) 遠山雪
大正7年 (1918年) 海辺松
大正8年 (1919年) 朝晴雪
大正9年 (1920年) 田家早梅
大正10年 (1921年) 社頭暁
大正11年 (1922年) 旭光照波
大正12年 (1923年) 暁山雲
大正13年 (1924年) 新年言志
大正14年 (1925年) 山色連天
大正15年 (1926年) 河水清
  
昭和2年 (1927年) (海上風静)    ※「大正天皇 崩御」のため、中止。
昭和3年 (1928年) 山色新
昭和4年 (1929年) 田家朝
昭和5年 (1930年) 海邊巖
昭和6年 (1931年) 社頭雪
昭和7年 (1932年) 暁鷄聲
昭和8年 (1933年) 朝海
昭和9年 (1934年) (なし)    ※「朝香宮妃允子内親王 薨去」につき
昭和10年 (1935年) 池邊鶴
昭和11年 (1936年) 海上雲遠
昭和12年 (1937年) 田家雪
昭和13年 (1938年) 神苑朝
昭和14年 (1939年) 朝陽映島
昭和15年 (1940年) 迎年祈世
昭和16年 (1941年) 漁村曙
昭和17年 (1942年) 連峯雲
昭和18年 (1943年) 農村新年
昭和19年 (1944年) 海上日出    ※「昭和天皇 の体調不良」のため、歌会のみ中止
昭和20年 (1945年) 社頭寒梅
昭和21年 (1946年) 松上雪
昭和22年 (1947年) あけぼの
昭和23年 (1948年) 春山
昭和24年 (1949年) 朝雪
昭和25年 (1950年) 若草
昭和26年 (1951年) 朝空
昭和27年 (1952年) (小鳥)     ※「貞明皇后 崩御」のため、中止。
昭和28年 (1953年) 船出       ※「秩父宮雍仁親王 薨去」のため、2月5日に延期。
昭和29年 (1954年) 林
昭和30年 (1955年) 泉
昭和31年 (1956年) 早春
昭和32年 (1957年) ともしび
昭和33年 (1958年) 雲
昭和34年 (1959年) 窓
昭和35年 (1960年) 光
昭和36年 (1961年) 若
昭和37年 (1962年) 土
昭和38年 (1963年) 草原
昭和39年 (1964年) 紙
昭和40年 (1965年) 鳥
昭和41年 (1966年) 声
昭和42年 (1967年) 魚
昭和43年 (1968年) 川
昭和44年 (1969年) 星
昭和45年 (1970年) 花
昭和46年 (1971年) 家
昭和47年 (1972年) 山
昭和48年 (1973年) 子ども
昭和49年 (1974年) 朝
昭和50年 (1975年) 祭り
昭和51年 (1976年) 坂
昭和52年 (1977年) 海
昭和53年 (1978年) 母
昭和54年 (1979年) 丘
昭和55年 (1980年) 桜
昭和56年 (1981年) 音
昭和57年 (1982年) 橋
昭和58年 (1983年) 島
昭和59年 (1984年) 緑
昭和60年 (1985年) 旅
昭和61年 (1986年) 水
昭和62年 (1987年) 木
昭和63年 (1988年) 車
昭和64年 (1989年) (晴)        ※「昭和天皇 崩御」のため、中止。
  
平成2年 (1990年) 晴           ※「昭和天皇を偲ぶ歌会」として、2月6日に開催。
平成3年 (1991年) 森
平成4年 (1992年) 風
平成5年 (1993年) 空
平成6年 (1994年) 波
平成7年 (1995年) 歌
平成8年 (1996年) 苗
平成9年 (1997年) 姿
平成10年 (1998年) 道
平成11年 (1999年) 青
平成12年 (2000年) 時
平成13年 (2001年) 草
平成14年 (2002年) 春
平成15年 (2003年) 町・街
平成16年 (2004年) 幸
平成17年 (2005年) 歩み
平成18年 (2006年) 笑み
平成19年 (2007年) 月
平成20年 (2008年) 火
平成21年 (2009年) 生
平成22年 (2010年) 光
平成23年 (2011年) 葉
平成24年 (2012年) 岸


参考:「茶人手帳」河原書店・「茶湯手帳」宮帯出版社・「茶道手帳」淡交社・「新版 茶道美術手帳」淡交社

  :【石橋静友堂 ねっと店】 「茶湯便利帳」 宮帯出版社
http://seiyudo.ocnk.net/product/5114


関連: 干支・勅題の茶道具
http://seiyudo.ocnk.net/product-group/22

写真:【茶道具】 香合 青磁 一葉  *手塚祥堂*  西・前頭7枚目* 形物香合番付[kog70024]
http://seiyudo.ocnk.net/product/4160


※茶の湯・茶道ランキング
http://taste.blogmura.com/chanoyu/
2010年08月02日
● 葉月 ●

* 異称 * 紅染月・草津月・天岡・迎寒・寒旦・大章・仲商・長王・萩月・濃染月・正秋

* 時候 * 晩夏・立秋・残暑・残炎・新涼・盛夏・残夏

* 茶杓の銘 * 青瓢・朝顔・朝つゆ・磯遊び・岩もる水・渦潮・雲海・篝火・風一陣・桐一葉・木陰
              ・汐衣・滴り・忍草・滝つ瀬・露の玉・虹の橋・初風・浜土産(はまづと)・風鈴
              ・芙蓉・星月夜・夕顔・虫の音・蝉時雨・初嵐・花火・水面・迎火・盂蘭盆・灯籠流
              ・送火・蜩・新涼・流星・藍風・面影・盆東風・八月尽・日盛・解夏・秋めく
              ・水藻の花・道祖神・朝涼・宵涼し・夏の雲・暮の夏・鐘涼し

* 茶菓子の銘 *  萩の露・鏡草・葛焼・玉すだれ・蓮根羹・夏木立・打水・水引草・月の雫・涼風・柚みぞれ
              ・桔梗・赤芙蓉・初秋・水の面・葛ひさご・玉清水・萩の園・夕立・琥珀・玉藻羹
              ・渦汐・朝涼・山清水・水花火・源氏香・浮草・さが野


* 忌日(享年)・記念日 *

1日……大谷尊由/54歳(昭和14年)
2日……鬼貫忌
3日……佐川田昌俊/65歳(寛永20年)
4日……小堀権十郎/70歳(元禄7年)
      吉田紹和/79歳(明治27年)
5日……十四屋宗悟/?歳(天正16年)
      今井宗久/74歳(文録2年)
      圓能斎宗室/53歳(大正13年)
      宗久忌
7日……了々斎宗左/51歳(文政8年)
      了々斎忌
8日……細川幽斎/79歳(慶長15年)
      世阿弥忌
9日……山科宗甫/?歳(寛文6年)
10日……西鶴忌
11日……千(真精院)猶鹿子/67歳(大正5年)
13日……如心斎宗左/47歳(寛延4年)
18日……豊臣秀吉/61歳(慶長3年)
       道陳忌
       太閤忌
       志野宗信忌
20日……天室宗竺/63歳(寛文7年)
定家忌
       幽斎忌
22日……藤村忌
23日……尭然法親王/(寛文元年閏月)
24日……島井宗叱/77歳(元和元年)
      小堀大膳宗慶/55歳(延宝2年)
      認得斎宗室/57歳(文政9年)
       認得斎忌
26日……武野宗瓦/65歳(慶長19年)
       宗瓦忌
28日……六閑斎泰叟宗安/33歳(享保11年)
       泰叟忌
29日……即中斎宗左/78歳(昭和54年)
       即中忌


参考:「茶人手帳」河原書店・「茶湯手帳」宮帯出版社・「茶道手帳」淡交社・「新版 茶道美術手帳」淡交社
2010年07月01日
● 7月/文月 ●

* 異称 * 相月・文披月・愛逢月・首月・上秋・肇秋・桐秋・蘭秋・大晋・窒相・流火

* 時候 * 酷暑・猛暑・炎暑・盛暑・大暑・夕立・朝霧・七夕・納涼

* 茶杓の銘 * 浅瀬・天の川・打水・逢瀬・銀河・雲の峰・笹舟・沢辺・水琴・瑞星・滴翠・夏雲
          夏衣・花氷・氷室・星の雫・短夜・水音・山彦・夕涼み・夕立・青苔・滝浪
          苔清水・七夕・常夏・蛍・夏の露・涼一味・せせらぎ・白糸・朝霧・草笛・鳴滝
          涼風・梅雨明・虹・雪渓・滝・夏日影・水・川床・納涼・夏の夜・風鈴・金魚売
          水遊び・夕凪・喜雨・空蝉・舟遊・潮浴・海松・暑気払

* 暦 *

「 温風至 」おんぷう いたる……7月5日頃~
「 蓮始華 」はす はじめて はなさく……7月10日頃~
「 鷹乃学習 」たか すなわち がくしゅうす……7月15日頃~ (幼鳥が飛び立つ練習をしだす)
「 桐始結花 」きり はじめて はなをむすぶ……7月20日頃~
「 土潤ジョク暑 」つち うるおいて じょくしょす……7月25日頃~ (土がじっとり湿って潤う)
「 大雨時行 」たいう ときどき おこなう……7月30日頃~


* 忌日(享年)・記念日 *

3日……烏丸光広/60歳(寛永15年)
4日……初代 住山楊甫/?歳(天明3年)
5日……精中圓能無限忌
     栄西忌
     瀬田掃部/48歳(文禄4年)
6日……徳川知止斎/36歳(弘化2年)
7日……閑斎忌
     大西閑斎/73歳(享保2年)
     桑山宗仙/73歳(寛永9年)
9日……鷗外忌
11日……玄々斎宗室/68歳(明治10年)
13日……酒井宗雅/37歳(寛政2年)
14日……河村曲全/83歳(宝暦11年)
16日……売茶翁忌
17日……三谷宗鎮/74歳(寛保元年)
18日……惺斎忌
     惺斎宗左/75歳(昭和12年)
19日……随流忌
     随流斎宗佐/42歳(元禄4年)
21日……愈好斎忌
     愈好斎宗守/65歳(昭和28年)
23日……翠巌宗眠/57歳(寛文4年)
     稲垣休叟/50歳(文政2年)
     堀内不識斎/75歳(嘉永7年)
24日……河童忌(芥川龍之介)
     本阿弥空中/82歳(天和2年)
28日……乱歩忌
     松屋久政/?歳(寛永10年)
     藤村正員/84歳(享保18年)


参考:「茶人手帳」河原書店・「茶湯手帳」宮帯出版社・「茶道手帳」淡交社・「新版 茶道美術手帳」淡交社
2010年06月04日
下記の商品を、「ヤフーオークション」に、1円にて 出品いたしました。

1.山道盆 木製 掻合塗

2.丸盆 木製 掻合塗 七宝草花

3.象彦作 吹上盆 黒爪紅 梅文様 梅形 (近日出品予定)

何卒 ご高覧の上、どうぞ 奮ってご参加くださいませ。


(トップ画面 右上 の「Yahooオークション」というリンク欄から お進み頂けます。)

(あるいは、ヤフーオークションの商品検索で、「静友」というキーワードでご検索くださいませ。)

(弊店 ヤフーオークションのURLは下記となります。)

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/seiyudou
2010年06月01日
● 6月/水無月 ●

* 異称 * 水月・弥涼暮月・蝉羽月・鳴神月

* 時候 *

・梅雨・長雨・向暑・小暑・入梅・短夜・芒種・夏至・早乙女・白鷺・亀・蟹・蝸牛・蛙・氷室・鉄仙・紫陽花・鮎・鵜飼・鵜篝・鵜匠・荒鵜・疲鵜・鵜遣・鵜籠・鵜縄・鵜松明・鵜川・鵜舟・神鳴・青田・涼し・川床・晒・冷酒・竹植える・烏の子・子鴉・閑古鳥・仏法僧・葭切・翡翠・水鶏笛・浮巣・玉虫・松落葉・螢・蝦蟇・河鹿・木下闇・沢瀉・薬玉・青簾

* 行事 *

・栄西忌・光琳忌・剣仲忌・時の記念日・父の日・長闇堂忌・茅の輪くぐり・夏越祓・蛍狩・衣替え・更衣・田植え・鞍馬寺竹伐り会・安居・夏籠・結夏・夏断


* 茶杓の銘 *

・梶枕・川渡り・行雲・苔衣・苔清水・腰蓑・白糸・山雲・水明・清涼・瀬音・深緑・御手洗・芦・雨宿り
・玉藻・真菰・みなれ草・清風・苔むしろ・清心・夏木立・舟遊び・滝の糸・竹落葉・編笠・山法師・滝津瀬
・翠雲・洗心・渓声・玉水・涼々


* 暦 *

「 螳螂生 」 とうろう しょうず……6月5日頃~ 
「 腐草為螢 」 ふそう ほたるとなる……6月10日頃~
「 梅子黄 」 うめのみ きなり……6月15日頃~
「 乃東枯 」 ないとう かるる……6月20日頃~ (夏枯草・靫草が枯れる)
「 菖蒲華 」 しょうぶ はなさく……6月25日頃~
「 半夏生 」 はんげ しょうず……6月30日頃~ (烏柄杓が生える)


* 忌日(享年)・記念日 *

1日……千宗綱(黙庵・綱子)/55歳(大正14年)
2日……信長公忌・光琳忌・乾山忌・貞置忌
     織田信長/49歳(天正10年)
     金森可重/58歳(元和元年
     織田貞置/89歳(宝永2年)
3日……岡野紅雪斎/74歳(慶長14年)
4日……伝教大師忌
6日……吸江斎忌
     吸江斎宗旦/63歳(万延元年)
7日……三好宗三/42歳(天文18年)
     大心義統/74歳(享保15年)
8日……井口海仙/83歳(昭和57年)
11日……織部忌
     古田織部/72歳(元和元年)
     杉木普斎/79歳(宝永元年)
12日……八ツ橋忌
13日……明智光秀/57歳(天正10年)
16日……和菓子の日
17日……大龍宗丈/81歳(延宝7年)
18日……三宅亡羊/70歳(慶安2年)
     道晃法親王(聖護院宮)/68歳(延宝7年)
     溝口翠濤/60歳(安政5年)
19日……紅雪宗立/72歳(寛文6年)
     芳村観阿(白酔庵)/84歳(嘉永元年)
20日……清水道閑/70歳(慶安元年)
     拙叟宗益/84歳(安政6年)
23日……小堀十左衛門/66歳(宝永元年)
24日……足利義教/48歳(嘉吉元年)
25日……原叟忌
     覚々斎宗左/53歳(享保15年)
29日……良善忌(安藤家御家流)
30日……清水道竿/76歳(元文2年)


参考:「茶人手帳」河原書店・「茶湯手帳」宮帯出版社・「茶道手帳」淡交社・「新版 茶道美術手帳」淡交社
2010年05月01日
● 5月/皐月●

* 異称 * 建午月 稲苗月 賤男染月 授雲月 橘月 月不見月 吹喜月 浴蘭月 悪月 啓月 啓明


* 時候 *
 
・惜春・若葉・立夏・新緑・薫風・青葉・五月晴れ・微暑・初夏・五月雨・菖蒲・端午の節句・八十八夜・青葉潮
・青山潮・鰹潮・幟・兜・薙刀・毛槍・吹流し・鍾馗・初幟・時鳥・落し文・袋角・鹿茸・柏餅・藤の花・竹流し
・躑躅・杜若・青嵐・楓の実・葵・鯉・登竜門・滝登り・麦秋・月涼し・夏の霜・卯の花腐・滴る山・五月川・苔清水
・泉川・更衣・初袷・新茶・走り茶・玉簾・青簾・氷室守・打水・鵜飼・鹿の子・老鶯・繭・新樹・葉桜・今年竹
・余花・花橘・常世花・昔草・茶摘み・菖蒲湯・小満


* 行事 * 

・初風炉・神事釜・御茶壺道中・夏切茶・御柱祭・母の日・神田祭・葵祭・三社祭・団扇撒き・三船祭・業平忌


* 茶杓の銘 *

・青嵐・唐衣・山景・早乙女・颯颯・青々・澄声・藤波・時の声・岩清水・玉柏・翠蒼・郭公・緑陰・流鏑馬・昔男
・菜種刈・八ツ橋・薬玉・初節句・卯浪・白重・麦踏み・竹馬・清冽・呼子鳥


* 暦 *

「 蛙始鳴 」 かえる はじめてなく……5月5日頃~  
「 蚯蚓出 」 きゅういん いずる……5月10日頃~ 
「 竹笋生 」 ちくかん しょうず……5月15日頃~ (筍が生えてくる)
「 蚕起食桑 」 かいこおこって くわをくらう……5月20日頃~
「 紅花栄 」 こうか さかう……5月25日頃~ (紅花が盛りとなる)
「 麦秋至 」 ばくしゅう いたる……5月30日頃~ (麦の秋となる)


* 忌日(享年)・記念日 *

1日……宗箇祭
     上田宗箇/88歳(慶安3年)
2日……怡渓宗悦/71歳(正徳4年)
4日……荒木道薫/40歳(天正14年)
6日……義満忌・宗全忌
     閑翁宗拙/61歳(慶安5年)
     久田宗全/61歳(宝永4年)
7日……藪内剣仲/92歳(寛永4年)
8日……久須美疎安/93歳(享保13年)
9日……前田綱紀/82歳(享保9年)
12日……牧村兵部/48歳(文禄元年)
13日……松平楽翁(定信)/72歳(文政12年)
14日……玉室宗珀/70歳(寛永18年)
      不休斎常叟宗室/32歳(宝永元年)
15日……珠光忌
      村田珠光/81歳(文亀2年)
20日……岡崎淵冲/65歳(明治38年)
21日……友流斎宗巴/20歳(元禄2年)
23日……丈山忌
      広瀬拙斎/57歳(昭和19年)
24日……伊達政宗/72歳(寛永13年)
29日……津田宗凡/?(慶長17年)


参考:「茶人手帳」河原書店・「茶湯手帳」宮帯出版社・「茶道手帳」淡交社・「新版 茶道美術手帳」淡交社
2010年04月01日
● 4月/卯月●

* 異称 * 余月・得鳥羽月・花残月・乏月・鎮月・清和


* 時候 *
 
・仲春・陽春・花吹雪・春宵・春眠・永日・花冷え・暮春・春深し・春惜む・逝く春・夏隣・別れ霜・春雷・花曇
・燕・玄鳥・桜・花見・藤・雲雀・告天子・百千鳥・囀り・巣籠・巣隠・子雀・胡蝶・躑躅・貌鳥・松の花・竹の秋
・花御堂・花筵・苗代


* 行事 * 

・潅仏会・降誕会・花祭り・仏生会・西大寺大茶盛・建仁寺四頭茶会・東京大師会・釣釜・透木釜・曲水の宴
・壬生狂言・吉野忌・観桜茶会・醍醐桜会・都をどり・やすらい祭・法然忌・梅若忌・良寛茶会・十三詣・田打
・畑打・畦塗・種蒔


* 茶杓の銘 *

・花霞・花衣・八重霞・緑苔・花紅・花筏・花の影・桜川・雪柳・花明・柳絮・千代の春・若竹・隅田川・玉柳
・吉野・すみれ・摘草・陽光・都鳥・清遊・春疾風・胡蝶の夢・朧月夜・雲錦・篝火・陽炎・彩雲・一花・二人静・芳春
・夏近し・淡月・枳殻・踏青・青き踏む・無憂樹


* 暦 *

「 玄鳥至 」 げんちょう いたる……4月5日頃~  (燕が飛来する)
「 鴻雁北 」 こうがん きたす……4月10日頃~ (雁が北へ渡っていく)
「 虹始見 」 にじ はじめてあらわる……4月15日頃~
「 葭始生 」 よし はじめてしょうず……4月20日頃~
「 霜止出苗 」 しもやんで なえいず……4月25日頃~
「 牡丹華 」 ぼたん はなさく……4月30日頃~


* 忌日(享年)・記念日 *

2日……宗偏忌 ※正しくは行人偏
     山田宗偏/85歳(宝永5年)
3日……隠元忌
4日……松屋久政/78歳(慶長3年)
5日……清明
     東陽坊長盛/84歳(慶長3年)
9日……益田克徳/54歳(明治36年
     佐々木三味/75歳(昭和44年)
10日……今井宗薫/76歳(寛永4年)
11日……宗二忌
     山上宗二/47歳(天正18年)
     松浦心月庵/69歳(明治41年)
16日……松平乗邑/61歳(延享3年)
19日……2代 住山楊甫/74歳(安政2年)
20日……津田宗及/74歳(天正19年)
     徳川家光/48歳(慶安4年)
     馬越化生/90歳(昭和8年)
24日……不昧忌
     松平不昧/68歳(文政元年)
24日……万代屋宗安/?(文禄3年)
26日……石黒况翁/97歳(昭和16年)
27日……佐久間不干斎/76歳(寛永8年)
30日……織田常真(信雄)/72歳(寛永7年)


参考:「茶人手帳」河原書店・「茶湯手帳」宮帯出版社・「茶道手帳」淡交社・「新版 茶道美術手帳」淡交社
2010年03月01日
● 3月/弥生 ●

* 異称 * 花月・嘉月・春惜月・晩春・暮春・季春・竹秋・五陽・載陽・夢見月・花老・華節・桃浪・桃緑・花飛

* 時候 * 早春・浅春・春分・軽暖・春雨・春情

* 行事 * ひな祭り(上巳(桃)の節句)・卒業式・イースター(復活祭)・大石忌・お水取り・お水送り・彼岸会
       ・涅槃会・野点・茶筵・比良八講・釣釜・透木釜・利休忌


* 茶杓の銘 *

・蛍雪・早わらび・春霞・芳香・若草・好日・千歳・青柳・雛の宵・陽炎・青丹よし・佐保姫・花暦・桃源・
・菜の花・若菜の露・霞衣・春の宵・祥雲・水ぬるむ・花兎・蓬生・麗らか・帰雁・初筏・朧・柳色・麗白・忘れ雪
・名残の雪・弥生梅・お松明・野遊・山笑う・初花・引鶴


* 暦 *

「 蟄虫啓戸 」 ちっちゅう こをひらく……3月5日頃~ 
「 桃始笑 」 もも はじめてわらう……3月10日頃~
「 菜虫化蝶 」 なむし ちょうとけす……3月15日頃~
「 雀始巣 」 すずめ はじめてすくう……3月20日頃~
「 桜始開 」 さくら はじめてひらく……3月25日頃~
「 雷乃発声 」 らいすなわち こえをはっす……3月30日頃~


* 忌日(享年)・記念日 *

2日……津田宗達/63歳(永禄9年)
     竺叟宗乾/25歳(享保18年)
     住友春翠/63歳(大正15年)
3日……雛祭
     井伊宗観(直弼)/75歳(昭和7年)
4日……平井東庵/83歳(昭和20年)
5日……三好実休/37歳(永禄6年)
     団狸山(琢磨)/69歳(正保4年)
6日……啓蟄
8日……藤林宗源/88歳(元禄8年)
11日……村瀬玄中/75歳(大正7年)
13日……市尾伊織/91歳(元禄2年)
16日……大龍宗丈/58歳(寛延4年)
     藤原暁雲/91歳(昭和35年)
18日……彼岸入(春の彼岸)
      不言斎宗員/48歳(昭和11年)
19日……社日(春社)
21日……春分
23日……伊木三猿斎/69歳(明治19年)
24日……彼岸明


参考:「茶人手帳」河原書店・「茶湯手帳」宮帯出版社・「茶道手帳」淡交社・「新版 茶道美術手帳」淡交社
2010年02月01日
● 2月/如月 ●

* 異称 * 梅月・梅津月・仲陽・橘如・華朝・美景・恵風・星鳥・木の芽月

* 時候 * 晩冬・節分・立春・余寒・残寒・春寒

* 行事 * 旧正月・大炉・節分・立春・初午・暁の茶事・壬生狂言・祈年祭・北野天満宮梅花祭


* 茶杓の銘 *

・飛梅・遠山・清香・雪間草・寒松・福の神・咲分・窓の雪・鶯・花の兄・未開紅・麦踏み・冬茜・雪見・若草
・早梅・雪あられ・寿星・寒紅梅・鶯宿梅・袖の香・冬ごもり・此の花・花魁・宝珠・招福・下萌・立春・寒の水
・梅日和・春雪・さわらび・薄氷・紅梅殿・春光・芽吹柳・豆撒・草萌・梅信・福は内


* 暦 *

「 東風解凍 」 とうふう こおりをとく……2月5日頃~ 
「 黄鶯睍睆 」 こうおう けんかんす……2月10日頃~ (鴬の初音が聞こえてくる)
「 魚上氷 」 うお こおりにのぼる……2月15日頃~
「 土脉潤起 」 どみゃく うるおいおこる……2月20日頃~
「 霞始靆 」 かすみ はじめてたなびく……2月25日頃~
「 草木萠動 」 そうもく きざしうごく……3月1日頃~ (草木が芽吹き始める)


* 忌日(享年)・記念日 *

1日……京都伏見稲荷 初午大祭
2日……一燈忌
     又玄斎一燈宗室/53歳(明和8年)
     益田紅艶/57歳(大正10年)
3日……光悦忌・節分
     本阿弥光悦/71歳(寛永14年)
6日……遠州忌
     小堀遠州/69歳(正保4年)
7日……蒲生氏郷/40歳(文禄4年)
8日……針供養・こと始め
     松平妙関/71歳(寛政元年)
     平瀬露香/70歳(明治41年)
9日……春屋宗園/83歳(慶長16年)
12日……一条恵観/68歳(寛文12年)
13日……山田宗有忌
15日……西行忌(命日16日)
16日……大綱忌
     大綱宗彦/89歳(万延元年)
17日……道安忌
     千道安/62歳(慶長12年)
     高谷宗範/83歳(昭和8年)
18日……卜斎忌(織田長政)
20日……黒田如水/59歳(慶長9年)
25日……金森得水/80歳(慶応元年)
26日……藤田紅雪/72歳(昭和15年)
28日……利休祥当忌
     千利休/70歳(天正19年)
2010年01月01日
*

初春の御祝詞を申し上げます。皆様にとりまして 光多き一歳となりますことを。

*


● 1月/睦月 ●

* 異称 * 元月・征月・正陽月・暮新月・初空月・霞初月・上春・首歳・華歳・解凍・月正・孟陽

* 時候 * 初春・厳冬・酷寒・迎春・新陽・年始

* 行事 * 元日・大福茶・王服茶筅・初詣・賀客迎・初釜・稽古始・春の七草・鷽替・点初・鏡開き・成人式・松の内・甲子釜・左義長


* 茶杓の銘 *

・松風・幾春・大福・末広・緑毛・松濤・寿老・福寿・魁・初霞・豊年・立鶴・長春・千代の栄・獅子舞・松寿・福寿草・長生殿・瑞雲・常盤・老松・蓬莱・不老門・千歳・丹頂・幾千代・松の友・若水・慶雲・高砂・青海波・千年翠・福笑い・乾坤輝・若菜・和心・一興・玉串・長熨斗・友白髪・亀齢・さざれ石・八千代


* 暦 *

「 芹乃栄 」 せり すなわちさかう……1月5日頃~ 
「 水泉動 」 すいせん うごく……1月10日頃~
「 雉始雊 」 ち はじめてなく……1月15日頃~
「 款冬華 」 かんとう はなさく……1月20日頃~ (蕗の薹が蕾を出す)
「 水沢腹堅 」 すいたく ふくけん……1月25日頃~ (沢に氷が厚く張りつめる)
「 鶏始乳 」 にわとり はじめてにゅうす……1月30日頃~ (鶏が卵を産み始める)


* 忌日(享年)・記念日 *

1日……初代 木津 宗詮/96歳(安政5年)
     小堀篷露/61歳(明治9年)
3日……高山右近/63歳(元和元年)
4日……根津青山/81歳(昭和15年)
6日……土肥二三/94歳(享保17年)
7日……義政忌・碌々斎忌
     足利義政/56歳(延徳2年)
     碌々斎宗旦/74歳(明治43年)
15日……野村得庵/68歳(昭和20年)
16日……無学宗衍/71歳(寛政3年)
17日……古渓宗陳/66歳(慶長2年)
18日……振袖火事の日
     渡辺又日庵/80歳(明治4年)
19日……明恵忌
20日……徳川治宝/83歳(嘉永6年)
      神谷松見/82歳(享和3年)
      柳沢尭山/65歳(文化14年)
23日……仙叟忌
      松井康之/63歳(慶長17年)
      仙叟宗室/76歳(元禄10年)
24日……徳川秀忠/51歳(寛永9年)
25日……小林逸翁/84歳(昭和32年)
27日……大林宗套/89歳(永禄11年)   
31日……朝吹柴庵/69歳(大正7年)


参考:「茶人手帳」河原書店・「茶湯手帳」宮帯出版社・「茶道手帳」淡交社・「新版 茶道美術手帳」淡交
2009年11月01日
● 11月/霜月 ●

* 異称 * 復月・霜降月・天正月・龍潜月・盛冬・建子月・露隠端月・子月・朔月

* 時候 * 晩秋・季秋・落葉・立冬・向寒・暮秋・夜寒・初霜・霜降・小春日和

* 茶杓の銘 *

・千秋・里時雨・落葉・朝霧・寒山・錦秋・夜寒・冬紅葉・紅葉の宴・さを鹿・聴松・柴の戸・山家・紅葉狩・柴垣
・小柴垣・北しぐれ・敷松葉・梢の錦・籬の下・一陽来復・山端・十夜・晩鐘・千歳松・吉祥・通い路・深山路
・お火焚き・朽木・冬日和・冬隣・三夕・瑞雲・常盤・残菊・松籟・松の友・柴庵・山眠る・鷹狩・酉の市・散紅葉
・口切・柑子・龍田・雄倉山・子の子餅

* 暦 *

「 山茶始開 」 さんちゃ はじめてひらく……11月7日~11日頃 (サザンカが咲きだす)
「 地始凍 」 ち はじめてこおる……11月12日~16日頃
「 金盞香 」 きんせん こうばし……11月17日~21日頃 (スイセンが咲き出す)
「 虹蔵不見」 にじ かくれてみえず……11月22日~26日頃
「 朔風払葉 」 さくふう はをはらう……11月27日~12月1日頃
「 橘始黄 」 たちばな はじめてきなり……12月2日~6日頃


* 忌日(享年)・記念日 *

3日……生形朝宗庵/87歳(昭和41年)
4日……孤峰忌(江戸千家)
11日……辻玄哉/?歳(天正4年)
12日……前田瑞雪/82(大正3年)
13日……有楽忌(有楽流)
18日……玉舟宗璠/69(寛文8年)
19日……宗旦忌(裏千家)
      一茶忌
      住吉屋(山岡)宗無/70歳(慶長18年)
20日……石州忌
      片桐石州/69歳(延宝元年)
21日……一休忌
      一休宗純/88歳(文明13年)
      清巌宗渭/74歳(寛文元年)
24日……村山玄庵(香雪)/84歳(昭和8年)
29日……笑嶺宗訢/79(天正11年)


参考:「茶人手帳」河原書店・「茶湯手帳」宮帯出版社・「茶道手帳」淡交社・「新版 茶道美術手帳」淡交社
2009年09月30日
● 神無月 ●

* 異称 * 神在月・雷無月・神去月・鏡祭月・正陰月・上冬・立冬・方冬・玄冬・小春・大素・玄英・方春

* 時候 * 仲秋・秋冷・紅葉・秋晴・秋雨・秋容・清秋・夜長・寒露・霜降・天高く馬肥ゆる

* 茶杓の銘 * 嵐山・雲錦・残菊・小倉山・唐錦・桐一葉・鹿の声・錦秋・柴舟・千声
・手向山・豊穣・豊年・群雀・山里・山紅葉・夜長・侘の友・蓑虫・浅茅・薄柿・白菊
・晩鐘・鈴の音・柴の戸・金風・龍田姫・木守・烏羽玉・秋時雨・秋思・星月夜・豆名月
・秋風・渡り鳥・秋高し・誓文払・芦刈・暮の秋・松風・夜寒・松琴・浦里・薄紅葉・菊日和
・小柴垣・神楽歌・夕霧・紅葉狩・鬼無里・かちぐり

* 暦 *

「 鴻雁来 」 こうがん きたる……10月8日~13日頃
「 菊花開 」 きくか ひらく……10月14日~18日頃
「 蟋蟀在戸 」 しっそく こにあり……10月19日~22日頃 (キリギリス(コオロギ)の声がそばで聞こえる)
「 霜始降 」 しも はじめてふる……10月23日~28日頃
「 霎時施 」 しぐれ ときどきほどこす……10月29日~11月2日頃
「 楓蔦黄 」 ふうかつ きなり……11月3日~6日頃


* 忌日(享年)・記念日 *

1日……江月忌
     江月宗玩/70歳(寛永20年)
3日……近衛予楽院/70歳(元文元年)
     鷹司輔信/62(寛保元年)
4日……川上不白/89歳(文化4年)
5日……達磨忌
6日……件翁忌
仙樵忌
鎮信忌
松浦鎮信/82歳(元録16年)
     *卒啄斎宗旦/65歳(文化5年)
     田中仙樵/86歳(昭和35年)
7日……川部宗無/77歳(昭和2年)
10日……松永久秀/68歳(天正5年)
      立花実山/(宝永5年)
12日……時雨忌(芭蕉忌)
      前田利常/66歳(万治元年)
17日……庸軒忌
19日……一翁忌
      石州忌(慈光院)
21日……仙鶴忌
堀内仙鶴/74歳(寛延元年)
22日……佐久間将監/73歳(寛永19年)
25日……宗達忌(速水流/京都)
27日……江岑忌
      速水宗達/70歳(文化6年)
      江岑宗左/60歳(寛文12年)
28日……神谷宗湛/85歳(寛永12年)
29日……紹鴎忌
      相阿弥/?歳(大永5年)
武野紹鴎/54歳(弘治元年)


参考:「茶人手帳」河原書店・「茶湯手帳」宮帯出版社・「茶道手帳」淡交社・「新版 茶道美術手帳」淡交社
2009年09月01日
● 長月 ●

* 異称 * 詠月・剥月・菊開月・寝覚月・小田刈月・窮秋・晩秋・高秋・粛霜・季白・季商

* 時候 * 初秋・新秋・秋色・秋分・秋涼・清涼・二百十日・野分

* 茶杓の銘 * 秋扇・秋日和・有明・十六夜・落栗・菊寿・雁鳴く・菊重・吟風・月華・里の秋・柴の戸
          ・秋天・砧・聴松・月の雫・野菊・野分・笛の音・籬の露・夕月夜・月の桂・萩の戸・白露
          ・梢の秋・着せ綿・菊枕・立待月・初雁・夜長・俵編・刈萱・名月・月見・宵闇・燕帰る
          ・月の詩・角切・二十三夜・菱の実・菊の香・白菊・峰の月・白兎・湖月・夜露・露衣
          ・磯辺の月・藤袴・豊秋・捨扇

* 暦 *

「 草露白 」 そうろ しろし……9月7日~12日頃 (草に降りた露が光る)
「 鶺鴒鳴 」 せきれい なく……9月13日~17日頃 (セキレイが鳴きだす)
「 玄鳥鳴 」 げんちょう さる……9月18日~22日頃 (燕が南国へ帰っていく)
「 雷乃収声 」 らいすなわち こえをおさむ……9月23日~27日頃 (雷が聞こえなくなる)
「 蟄虫坏戸 」 ちっちゅう こをはいす……9月28日~10月2日頃 (虫が冬眠の準備のため、穴を塞ぎだす)
「 水始涸」 みずはじめて かる……10月3日~7日頃 (田畑の水を干し始める)


* 忌日(享年)・記念日 *

2日……天心忌
5日……松尾宗二/76歳(宝暦2年)
      宗二忌
6日……山中(鴻池)道億/83歳(元文元年)
7日……千少庵/69歳(慶長19年)
     淡々斎(無限斎)宗室/72歳(昭和39年)
      少庵忌
13日……天然忌(京都)
17日……藤村庸軒/87(元禄12年)
      松花堂昭乗/56(寛永16年)
      松花堂忌
19日……糸瓜忌(子規忌)
20日……織田道八/39歳(元和6年)
      藪内節庵/73歳(昭和15年)
21日……天祐紹杲/81歳(寛文6年)
天然忌(東京)
24日……安田松翁/84歳(大正10年)
25日……明堂宗宣/70歳(天保8年)
26日……不見斎宗室/56歳(享和元年)
      藪内休々斎/78歳(大正6年)
      八雲忌
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス