【茶道具 古物/中古】 高橋道八・平尾竹霞  *梅画 高青邱詩入 小服茶碗 「月明林下美人来」  *野点・茶籠にも  [kbt30276v]

【茶道具 古物/中古】 高橋道八・平尾竹霞  *梅画 高青邱詩入 小服茶碗 「月明林下美人来」  *野点・茶籠にも  [kbt30276v]

販売価格: 販売価格は会員のみ公開(税込)

在庫わずか

商品詳細

※本品は、《 店舗移転 売り尽しセール! 》  価格交渉 可能!
  http://jidai.ocnk.net/product-group/12  の対象商品です。


商品名:梅画詩入 茶碗

作者:5代 高橋道八 ・平尾竹霞

箱:合箱

製作年:明治末期


商品状態:ランク 「B」
      :小振り。野点用 にも。
      :珍品ではあるが、2箇所 「ノミホツ」あり。(下 写真 矢印部分)

       (商品状態 ランクについては、下記をクリックの上、ご覧くださいませ。)
       http://jidai.ocnk.net/data/jidai/product/joutai/0hontai.jpg

       (瑕疵の 呼称・状態については、下記を ご参照くださいませ。)
       http://jidai.ocnk.net/data/jidai/product/joutai/0kasi.gif

箱の状態:ランク 「S-」
      :「組み箱」(三ツ組)で、手の込んだ造り。状態は非常に良し。

       (箱の状態 ランクについては、下記をクリックの上、ご覧くださいませ。)
       http://jidai.ocnk.net/data/jidai/product/joutai/0hako.jpg

寸法:(各) 高 約6,7cm ・口径 約10,5cm


※5代 高橋道八 (1870〜1915)

高橋道八家は、初代が奥田頴川に師事し、池大雅や上田秋成らとも合作を残す等、代々名人を輩出してきた京焼の名門。中でも2代 は、1812年に仁和寺宮より法橋に叙せられ、「仁」の一字を、また醍醐三宝院宮より「阿弥」「土師」の号を許され、石山御庭焼・紀州偕楽園御庭焼・讃窯御用窯など各地の御庭焼きや御用窯に尽力し、高橋法橋土師 「仁阿弥」道八と称し、名工として名高い。5代 道八は、伊賀上野藤堂藩藩士小川八十八の次男。4代道八の婿養子。4代道八の子が、幼年であったため、婿養子として迎えられ家督を襲名。46歳の早逝のため作品は少ないが、陶技を研究しよく家業を守る。また、三井家や鴻池家などの名家との親交も深めた。

※平尾竹霞 (1856〜1938)

王地山焼 陶画士平尾惣左衛門の長男として生まれ、学問を篠山藩学者渡辺弗措に学ぶ。19歳の時に画家を志して京都に出、四条派・円山派の写実画技を習得、また、南画家田能村直入の門下となり師の下で研鑽を重ね、師と共に京都府画学校の設立にも貢献。更に中日本南画協会の設立に参画し南画壇の重鎮として活躍、晩年は京都三条に高風閣を築き、多くの文人墨客らと親交を深めた。


※参考※ 篠山焼・今村静斎

明治36年、田能村直入 卒寿の賀宴を開くに際し、同師及び 藪内休々斎竹翠 の依頼を受け、今村静斎が抹茶碗を焼いたのが始まりとされる。静斎は、明治40年 21才の時、篠山出身の画家 平尾竹霞 の世話で京都陶器試所に出所、京焼の名工 高橋道八 らの指導を3年間うけ帰郷。王地山焼の旧窯を発掘して 自宅に築窯し、篠山焼の名で大正2年に初窯を出した。昭和10年に 廃窯。

※参考※ 「月明林下美人来」

恐縮ですが、「月明林下美人来」 あるいは 「高青邱」で web検索ください

▲ 上の画像も クリックすると 拡大されます